hdd認識しないなら業者にチェックしてもらおう

新タイプのメールサービス

Eメール

データ消失のリスクを軽減

パソコンで送受信を行うことのできる電子メールには、大きく分けて次の2種類があります。1つは一般にプロバイダメールと呼ばれるもので、インターネットの接続契約を結ぶと事業者から提供されるメールサービスです。専用ソフトによって送受信を行います。そしてもう1つが、ウェブメールです。ウェブメールとは、ウェブブラウザ上でメッセージの受信や返信、新規の作成といったすべての作業を行うことのできるメールサービスです。ウェブメールは、重要なメッセージのやり取りをする際に利用するのに適しています。プロバイダメールの場合メッセージはすべてパソコン内部に保管されますが、ウェブメールについては事業者のサーバに保管されます。そのため、パソコンのクラッシュ等の事故が発生してもデータが消失してしまうおそれがないのです。

自宅や外出先からも利用可

現在、ウェブメールはビジネスの分野を中心に人気が高まっています。その理由は、先に挙げたデータ保存の安全性の他にもあります。プロバイダメールであれば、いったん受信したあとのメッセージはそれを保存したパソコンでしか閲覧することができません。しかしウェブメールなら、インターネットに接続できる環境さえあればいつでも、どのパソコンからでも自分のメールボックスにアクセスし、過去に受信したメッセージや、送信済みのメッセージなどを見ることができます。また最近のウェブメールの中には、パソコンだけでなくスマートフォンからのアクセスもできる製品があります。このタイプなら、たとえ移動中であってもメールチェックや急ぎの返信が可能です。